インプラントジャーナル発売中
インプラントジャーナル

■特集:ガミースマイルに対する新しい治療の選択肢−唇側歯槽骨の吸収量を予測したインプラント治療 /林 揚春
■特別企画:– 公益社団法人日本口腔インプラント学会創立50周年を迎えて – 座談会 すべては国民に安心と健康を与えるインプラント治療のために/宮ア 隆+簗瀬 武史+馬場 俊輔+阪本 貴司+西郷 慶悦+細川 隆司
■他  詳細はこちら

picup

口腔インプラント治療と上顎洞合併症

口腔インプラント治療と上顎洞合併症
−歯科治療に伴う上顎洞合併症の病態と治療−

詳細はこちら

2019年6月28日
発刊

著者:佐藤 公則
本書は耳鼻咽喉科・頭頸部外科医により執筆された歯科治療や口腔インプラント治療に伴う様々な上顎洞合併症に対する病態と治療法を解説した書である。
歯科医師が読んでも容易に理解できるように、特に鼻科学の基本的な項目に関しても解説されている。
歯科医と耳鼻咽喉科・頭頸部外科医との連携に役立つことができればという思いが込められた一冊である。
歯科人類学と近代咬合論

歯科人類学と近代咬合論
シークエンシャル咬合を基礎とした統括的歯科医療

詳細はこちら

2018年11月15日
発刊

著者:鈴木 光雄
本書は、人類の発生から二足歩行、脳の発育などといった人類の進化の過程に伴う咬合の変化から生じてきた現代人の顎口腔系機能トラブルの原因を紐解いていく。さらに日本人のルーツを考えることによって骨格パターンと不正咬合を考え、咬合治療のあり方を再確認することにある。これにより、機械論的な咬合論から、人の発育と適応を考慮した生理学的な咬合論を確立し、インプラント治療を含む全人的な歯科医療を提案する。
エビデンスに基づいた最新インプラント治療マニュアル FINESIA Implant System

エビデンスに基づいた最新インプラント治療マニュアル
FINESIA Implant System

詳細はこちら

2017年10月5日
発刊

著者:覚本 嘉美 / 八木原 淳史 / 遠藤 学 / 大塚 保光 / 福田 輝幸 / 小澤 仁 / 坂巻 良一
海外におけるインプラント臨床の常識が、国内のインプラント臨床の常識とは決していえないことを知っている著者らが、海外のエビデンスも検証し、それを取り入れながらも国内のインプラント治療の方向性を示した実践書。

お知らせ

新型コロナウイルス禍で我慢の時期が続いていますが、臨床の第一線で患者さんの健康を支えている歯科医療従事者の皆様に敬意を表します。私たちも微力ながら少しでも有益な情報を発信していきます。
インプラントジャーナル新刊発売
インプラントジャーナル83号発売しました。詳細はこちら (2020/9)
書籍情報
「CLINICAL IMPLANT DENTISTRY クリニカル インプラント デンティストリー 4Sコンセプト・審美領域編」
詳細はこちら
書籍情報
「インプラント治療 難症例攻略テクニック」
詳細はこちら
書籍情報
「Evidential Implantlogy エビデンシャルインプラントロジー」
詳細はこちら
書籍情報
「骨再生のテクノロジー 改訂新版-骨再生の概念と臨床応用-」
詳細はこちら

リンク


DENTAL BOOK CENTER シエン社